毎日のご飯に混ぜるだけで便秘解消しました

以前から私は、ひどい便秘に悩まされていました。 兄や父は毎日快便だったので、とても羨ましく思ったものです。男の人はお腹に筋肉があるからか、便秘になる人は少ないそうですね。そのため、腹筋を頑張ってみたり、お腹に力を入れて筋肉をつけようと頑張ってみたこともありましたが、効果はなく…。 お腹が張って重くなると、気分もすぐれなくて、生活にも支障が出てしまうんですよね。 そんな私でしたが、今は便秘とは無関係の日々を送っています。 お通じのことなんて、ここ数年考えたこともないくらい、自然に毎日お通じがあります。 便秘解消のために、本当に色々試しました。便秘薬や、干しプルーン、ヨーグルト、コーヒーなど。一時的には効果があるのですが、続けているとだんだん効果がなくなってきてしまうのです。そして、また新しい方法を試す、の繰り返しでした。 でも、そんな私の救世主となったのが「玄米を混ぜたご飯」です。 玄米を食べるようになってから、まったく便秘にならなくなりました。もともとは、便秘のためお野菜中心の食事に切り替えようと考えて、そのついでに玄米を食べ始めたのがきっかけです。 最初は、玄米100パーセントで食べていました。しかし、玄米だけで炊くと、水加減によってベチャベチャしてしまったり、固く炊けてしまったりと失敗が多かったです。浸水時間を色々試してみたり…。あとやはり、たま~に白米が食べたくなってしまうんですよね。 なので今は、玄米を白米に混ぜて食べています。玄米:白米が、1:2になるようにしています。こちらのほうが食べやすくて私は好きです。玄米初心者の方にもオススメします。この方法であれば、白米と同じように炊けますし、玄米独特の香りも気になりません。 これ、本当にオススメです。玄米がなかなか買いに行けず、白米だけの食事に数ヶ月間した時は、やはり便秘になってしまいました。 便秘にお困りの方は、ぜひ今夜から玄米を少し白米に混ぜてみてください。

便秘解消方法は、「ダブル」が功を奏す!

万年便秘だという自覚はありましたが、子供の入学式を目前にして困ったことが発生しました。 ガスがお腹に溜まっているからなのか、おならが体の外ではなく、内側へ入っていくような症状です。 内側へ入っていくのですが、音はほぼ一緒。 「グ~」っと鳴るのです。 隣の人は「この人、おならした!?」と思うことでしょう。 これはヤバいと、便秘解消の方法をいつも以上に真剣に検索しました。 でも、どれも既に試したものばかり。 ちなみに、薬は即効性があるのですが、お腹が緩くなって失敗した経験ありなので除外しています。 そして思いついたのは、一つの方法ではなく、2つの方法を採用するというもの。 ダブルでやれば、効果はいつもよりも向上するはずです。 そこで選んだ方法は、お腹マッサージとお湯飲み療法です。 もちろん、便活に効果的な食生活はいつも通りに。 お腹マッサージは、気持ちよさそうなので採用。 お腹をゆっくりと何か所にもわたって、ギュ~っと押します。 強過ぎず、根気よく行うのがコツ。 もう一つは、水分補給にお湯を選んで、繰り返し行うというもの。 ぬるま湯程度で一口飲んでというのを何度も繰り返すだけです。 当然の如く、トイレに通う頻度が上がるのですが、繰り返し座ることで便意がいつも以上に感じられるようになりました。 結果、不快な「グ~」の音は解消されました。 マッサージとお湯なしで便秘と無縁になれるかというのは試していませんが、いずれも面倒ではないので継続中。 やっぱり、「コレ!」と固執するよりも「アレとコレ」にして正解でした。 便秘対策は、ダブルがおススメです。

便意を感じたときの行動が便秘になるかならないかのポイント

便が出るか出ないかで1日の気分や体調にも大きく影響してくるほどとても大きなものですが、個人的には便秘を何十年も患っていますので、どのようにすればいいのかということがわかってきています。基本は毎朝必ず出すことですが、仮に出なくても、その日のうちにだいたい1回はお腹に力が入る、つまり便意を感じることがあります。それはそれほど強いものではなく、今トイレで力を入れたら出るかもしれない、くらいなものです。ですが、このときがとても大事であり、このときにお腹に力を入れながらすぐにトイレに駆け込むことが必要なのです。出先だろうと運転中だろうと、その時にすぐにトイレに行くことです。そうすればまず便は出ます。これで安心できるのです。逆にこのタイミングで我慢してしまい(実際には我慢するほどの便意ではないのですが)後で行こうという気の緩みがあるともう出なくなってしまうのです。それが便秘の始まりとなることがとても多いです。 そのような緊張感を持って生活することが便秘の解消につながっています。もちろん毎朝便が出ればそれが一番いいことなので、朝に便が出るように朝早く起きることや水をたくさん飲むこと、トイレに行ける時間をたっぷり取ること、そして朝食は早めにとるようにして外出の時間までお腹を意識しながら便が出るように緊張感を持つことなどの努力をすることで便秘を乗り越えてきています。ですが少しでも油断して便を出すことを忘れるようなことがあるとすぐに数日出ないという便秘になってしまいます。

乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命

このページの先頭へ